読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイオニュース│DNA・ゲノム情報による医療・創薬の実現

医療関係者としてバイオ/DNA/ゲノム関連の最新の話題をとりあげます.学習/勉強が目的なので,新しい用語が現れたときにはその都度意味を確認していきます.

リキッドバイオプシー

リキッドバイオプシーは最近トレンドな研究開発分野ですね.

リキッドバイオプシー(liquid biopsy)は主にがんの領域で、内視鏡や針を使って腫瘍組織を採取する従来の生検(biopsy)に代えて、血液(liquid)などの体液サンプルを使って診断や治療効果予測を行う技術です。採血といった低侵襲な手法でガンなどの診断ができるので,患者の負担が小さいのがメリットです.

 

それでは,腫瘍の性質を反映した血液中のバイオマーカーは何かというと,

・血中循環腫瘍細胞(CTC:Circulating Tumor Cells)

・血中循環腫瘍DNA(ctDNA:circulating tumor DNAまたはcfDNA:cell free DNA)

候補となっています.

CTCとは腫瘍から血液中に漏れ出して体内を循環しているがん細胞のことで,cfDNAとは血液中に漏れ出したガン由来のDNAのことです.