読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイオニュース│DNA・ゲノム情報による医療・創薬の実現

医療関係者としてバイオ/DNA/ゲノム関連の最新の話題をとりあげます.学習/勉強が目的なので,新しい用語が現れたときにはその都度意味を確認していきます.

敗血症

名前からして怖い響きの病気ですよね.あまり認知度の高い病気ではないのですが,患者数が増え続けている病気です.重症敗血症の死亡率は25~40%とされ、心筋梗塞(3~10%)や脳卒中(9%)より高い数値になっています。

 

どういった病気かというと,敗血症はさまざまな病原体が血液中に広がってしまうことで起こります。一般的な原因にはグラム陰性菌ブドウ球菌、および髄膜炎菌などが挙げられます。ただしその言葉の定義は,血液中の菌の有無ではないようで,全身症状を伴う感染症とすることが多いようです.全身症状の程度が病原体や人によって千差万別で,免疫抑制や二次感染なども関与するので複雑な病態だそうです.

 

発展途上国では衛生環境や栄養状況の悪さによって、また、先進国では高齢化や高度医療を受けた後に強い薬などを使ったことによる免疫機能の低下、多剤耐性菌の出現などで、それぞれ敗血症患者は増えているそうです.